5万円を借りたい時に最適な方法は?今日中にお金が欲しい人へベストな選択を提案

5万円を借りたい

冠婚葬祭など予期せぬ出費は誰にでもありますが、貯蓄があり備えることができていれば問題ないはずです。しかし、20代単身者の平均貯蓄額は113万円で中央値は8万円となり、急な出費が重なると生活ができなくなる可能性があります。たとえ次の給料日に必ず返済できるとしても、家族や友人には相談できない場合もあると思います。もしくは相談できる相手がいたとしても、今すぐには難しいと断られるケースもあるでしょう。

そこでこの記事では、そんな今すぐお金を借りたくて困っている方に向けて、誰にもバレずに5万円を即日で借りる方法をお伝えしていきます。参考になると思いますので、困っている方は是非実践してみてください。

なお、この記事は、国家資格を保有している編集部の複数メンバーにて執筆され、さらに、専門のファイナンシャル・プランニング技能士(日本FP協会)に当記事の監修をしてもらった上で公開しています。

目次

5万円を借りたい時はカードローンがおすすめ!

5万円は家族や友人に借りるには高額すぎますが、銀行などの金融機関から借入する金額としては少なすぎて問い合わせに迷いがでると思います。お金が足りず、5万円を借りたいと思ったとき、皆さんはどうしますか。まずは、2パターンに分けて金融業者の種類と特徴から解説をしますので、自分に合っている金融業者はどちらかを確認しながら読んでいただけたらと思います。

どうしても今すぐ5万円借りたいなら消費者金融が最速!

どうしてもお金を今日中に借りたい方は、消費者金融を利用することがおすすめです。理由としては、スマートフォン1台あれば、各会社のホームページから操作を行うだけで、融資を受けることが可能だからです。提出書類の準備ができていれば、1時間程度で融資を受けられる場合もあります。

消費者金融は一般的な銀行とは違い、少額融資の対応に慣れています。わからないことは、各消費者金融のホームページ「よくある質問」を読めば解決が可能です。万が一、「よくある質問」に答えが無い場合は、電話での対応も可能ですし、チャットが用意されている消費者金融もあります。スマートフォンでの操作が苦手で申し込みができない方は、近くにある無人機を探し、審査と融資を受けることが可能です。

ただし、無人機での手続きの場合、即日融資が難しいケースがあります。無人機を利用し融資審査を受けようとしている方は、必ず最短融資がいつになるか、電話やメールなどで確認を行うようにしてください。スマートフォンさえ繋がれば、どこにいても即日お金を借りることができる点と、少額融資の審査に慣れている点が消費者金融の利点といえます。

融資に積極的なネット銀行を利用することも手段の1つ

消費者金融以外にも少額融資を受ける方法があります。それは、銀行のカードローンを利用する方法です。普段利用している銀行であれば使い勝手も良く利用しやすいかもしれません。しかし店頭に行かなくてはならない場合があります。その場合、人に見られる可能性や時間がかかってしまう可能性もあります。最終的に審査に通った場合でも、簡易書留で郵送になるケースが多く、いつから利用できるかはっきりしない場合もあります。

最近はネット銀行も増えてきております。消費者金融と同じく、スマートフォンのみで申込することが可能な場合もあります。しかし、即日融資を受けることが難しく、現状では翌営業日以降から融資開始のケースが一般的です。有名なネット銀行である楽天銀行のカードローンでは、最短融資が翌日となっています。同じくネット銀行であるセブン銀行のカードローンは最短融資が2営業日となっております。その他の銀行では長い場合、1週間程度時間がかかる可能性もあります。

今日中に5万円借りたいなど急ぎの場合は、銀行やネット銀行は選択肢から外すことをおすすめします。融資までの時間に余裕がある場合は、選択肢の1つとして銀行系のカードローンを検討してよいかもしれません。

5万円を借りたい人が消費者金融を選ぶべき理由

なぜ、今日中に5万円借りたい人は消費者金融を利用したいと思うのでしょうか。消費者金融以外にも良い会社があるのではないどろうかと、考えている人もいると思います。ここからはなぜ消費者金融を選ぶべきなのか、その理由を説明していきます。

最短1時間以内で即日融資をしてもらえるのは消費者金融だけ

銀行で少額融資を受けようとした場合、どんなに融資までにスピードが早くても翌日が最短になります。今日中に5万円借りたい場合は消費者金融の中から借り入れ先を選ぶ必要がありますが、消費者金融であれば1時間以内に融資を受けることも可能です

手元に必要書類を準備していれば、審査も早く完了します。少額融資を希望の場合は、運転免許証など身分を証明できる書類を用意しておけば、基本的に問題ありません。収入証明の提出は不要です。職場への連絡も基本的にはありません。

ただし、社会保険であれば保険証の提出を求められる場合があります。万が一、職場への連絡を行う場合は、事前にお知らせがあります。職場への連絡が困る場合はその旨を担当者に伝えると、消費者金融からの連絡とわからないように配慮して電話していただけます

すでに他社に借り入れがあり、希望融資額と合わせて50万円の借入が発生する場合は注意が必要です。その場合は収入証明の提出が必要になります。収入証明は直近2カ月分の給与明細と直近1年間で支給されたボーナス明細が必要です。問い合わせ後に書類を揃えても問題はないですが、準備できる場合は前もって書類の用意をしておくことをおすすめいたします。

5万円程度なら積極的に融資してもらえる

消費者金融のメイン顧客は、主婦層やアルバイトをしている若い層になります。したがって、自然と融資限度額も低く設定することになります。より多くの少額融資希望者を獲得していかなければならないのが、消費者金融の現状です。

ネット銀行に関しては、少額融資に力を入れているネット銀行もありますが、融資スピードでは消費者金融に勝ることができていない状態です。一般的な銀行では少額融資より企業等に貸し出す高額融資の案件が多いため、少額融資に力を入れていないのです。

消費者金融は基本的にスコアリング形式で審査をおこないます。これは年収や信用情報などを点数であらわし、審査を行う形式です。少額融資であれば収入証明が不要なため、申込と身分証明書類を提出した段階でシステム上での審査が終わります。

審査に人為的な介入がないため、審査に落ちにくい点が特徴といえます。この点から消費者金融は、5万円程度の金額であれば積極的に融資してくれるといえるのです。

無利息期間があるので返済金額は借りた分だけ

消費者金融ごとに、無利息期間のキャンペーンを行っている場合があります。例えば5万円借りた場合、無利息期間であれば5万円を返済すれば良いのです。一般的には5万円を借りた場合、5万円と利息を合わせた金額を返済しなくてはなりません。

1度だけ借りたい場合は、この無利息期間をうまく活用するべきだと思います。無駄のない返済計画をたてれば、無利息期間の恩恵を十分に受けることができます。各消費者金融によって無利息期間のキャンペーンは違います。

消費者金融での融資を希望する場合は、無利息期間のキャンペーンについて確認をし、自分にあった消費者金融で契約することが大切です。編集長海野の経験ですが、無利息期間を有効活用するために、数社の消費者金融と契約をおこない、無利息期間を有意義に使ったことがあります。

1万円から融資可能!2万円、3万円でも借入金額は自由

消費者金融に審査申込を行い、審査に通った場合融資が開始されます。消費者金融の場合は極度額が設定され、極度額の範囲内で自由に借りることができます。例えば極度額が5万円で設定された場合、1万円だけ借りることも可能です。

再度借りたいとなったとき、限度額内であれば何度でも借りることができます。限度額の決定に関しては審査後に通知があります。希望していた限度額より高く設定されることもあります。限度額が高い方と融通が利くことを、経験上知っています。

限度額が自分の希望よりも高く設定された場合は、そのまま契約した方が編集長海野はよいと思います。また、限度額を上げる際は再審査が必要です。書類の提出が必要な場合や、審査に通らない場合があります。ちなみに、限度額を下げる相談も可能です。もちろん審査もありません。

しかし、今後のことを考えると、限度額を下げることはおすすめできない方法になります。なぜなら、限度額を下げた後、限度額を元に戻そうとしても、再審査が必要になるからです。書類の提出などで時間がかかってしまいますので、限度額を下げることにメリットがないといえます。

家族や会社の人にバレずにお金を借りられる

消費者金融のメリットは、家族や会社の人にバレずにお金を借りられる点だと思います。書類が届いて家族にバレるかもしれないと、不安に思っているかもしれません。その点に関しては問題ありません。なぜなら、最近の契約手続きでは書類の郵送がない点が特徴だからです。

スマートフォンからの申込であれば、電子書面上ですべて手続きが完了します。契約時メールアドレスを登録する作業がありますので、ご自身のアドレスを持たれていない場合は、Gmailなどのアドレスの準備をしておくことをおすすめします。

一般的にカードローンといわれると、カードの発行が必要になると思っていませんか。カードを受け取るときに家族にバレてしまうと思っていませんか。その点に関しては安心して大丈夫です。消費者金融のカードローンはアプリで完結するシステムが構築されています。カードを発行しなくても、コンビニATMでQRコードを読み取ることで、借入と返済が可能となっています。

今日中にお金を借りたい人が利用すべきカードローン3選

ここまで記事を読んでいただき、結局どのカードローンがいいのか気になり始めていると思います。そこで、こちらで厳選した3社のカードローンについて説明したいと思います。

最短25分で融資可能!5万円借りるならアイフルがおすすめ

1社目は、「そこにアイはあるんか」でおなじみのアイフルです。

  • 融資までの最短時間→25分
  • 必要書類→身分が証明できるもの(運転免許証など)
  • 収入証明→限度額の希望が50万円以下なら原則不要
  • 無利息期間→ご契約日から30日間が無利息期間
  • 実質年率→3%~18%

利用した消費者金融の中では1番使いやすい消費者金融でした。限度額アップの申請も通りやすく、編集長海野が利用していたカードローンの中では、1番限度額を高く設定していました。

5万円借りたい人の強い味方!アコムは最大30日間金利0円!

2社目は「はじめてのアコム」でおなじみのアコムです。

  • 融資までの最短時間→30分
  • 必要書類→身分が証明できるもの2点(運転免許証+保険証など)
  • 収入証明→限度額の希望が50万円以下なら原則不要
  • 無利息期間→ご契約日から30日間が無利息期間
  • 実質年率→3%~18%

カードローンの他にクレジットカードを作ることも可能な消費者金融です。クレジットカードの審査が通りやすく一緒に申込をしても良いかもしれません。ただし、クレジットカードは自宅に届きます。自宅にクレジットカードが届いたら困る場合は、クレジットカードの作成を控えるようにしてください。

プロミスは土日祝日・夜間でもOK!

3社目は「パット!ピット!プロミス」でおなじみのプロミスです。

融資までの最短時間→30分
必要書類→身分が証明できるもの1点(運転免許証など)
収入証明→限度額の希望が50万円以下なら原則不要
無利息期間→初回ご利用から30日間が無利息期間
実質年率→3%~18%

無利息期間が契約日からではなく、初回ご利用から30日間が無料期間という点か他の2社と違う点です。少し早めに契約を開始しても、利用しなければ無料期間を保留できる点が魅力的な消費者金融です。

まとめ

いかがだったでしょうか。今すぐに5万円を借りたいと思った場合、消費者金融がいかに便利か、納得していただけたと思っております。ただし、借りたら必ず返済をしなければなりません。

返済キャパを超えての借入は身を滅ぼしますので、ご利用は計画的におこないましょう。最近ではクレジットカードの現金化も、「今日借りたい」と検索すると引っかかるようになっています。規約違反になる行為なので、手を出さないように注意をしてください。

この金融記事を書いた人

厚生貯金ジャーナル 編集部は、金融の国家資格保有者、専門家が集まっています。記事で取り扱う内容は、主にカードローンやキャッシング・クレジットカードなどの情報であり、日本FP協会が発行するファイナンシャル・プランニング技能士や、日本証券業協会が認定する証券外務員一種など国家資格を保有した編集者が執筆、制作を行います。

その上で、ユーザーの利便性や情報の分かりやすさを最優先し、品質に関するガイドラインを満たした有益な情報として公開しています。
この記事を書いた厚生貯金ジャーナル 編集部の詳しいプロフィールはこちら

目次