コンビニATMでお金を借りる方法3選!低金利&最短で借り入れできる最適な方法をご紹介

コンビニATMでお金を借りる方法

日本全国無数にあるコンビニでお金を借りる方法として、消費者金融や銀行のカードローンを使ったキャッシングが挙げられます。即日融資可能なカードローンでしたら、その日のうちにコンビニでお金を借りられます。

セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなど、ローンカード1枚があればお金に困った時の強い味方になってくれること間違いありません。

そこで今回の記事では、コンビニATMでお金を借りる方法やお金を借りる際の流れ、注意点などについて詳しく解説していきます。お金がなくて生活が厳しい、急な出費が発生して今すぐお金を借りたい、そんなお金がなくて困っている方の参考になれば幸いです。

この記事は、国家資格を保有している編集部の複数メンバーにて執筆され、さらに、専門のファイナンシャル・プランニング技能士(日本FP協会)に当記事の監修をしてもらった上で公開しています。

目次

コンビニでお金を借りる方法とは?

コンビニでお金を借りる方法とは、コンビニに設置されているATMを使ったキャッシングのことで、メンテナンス時を除き24時間365日お金を借りることができます。日常的に使っているコンビニでサクッとお金を借りることができますので、急にお金が必要になった時や、給料日前などで生活が苦しい時などに大変便利です。

ここではコンビニでお金を借りる3種類の方法、及び低金利&最短でキャッシングする方法について詳しく解説します。

コンビニATMでお金を借りる方法は3種類

コンビニATMでお金を借りる方法として、消費者金融のカードローン、銀行系のカードローン、そしてクレジットカードのキャッシング機能の3種類があります。これらカードローンやキャッシングはコンビニATMと提携しているため、24時間365日いつでも気軽にお金を借りることができます。

消費者金融や銀行へカードローンの申し込みを終え、無事審査に通過することでローンカードが発行され、限度額内でしたら何度でも繰り返しコンビニATMでお金を借りられます。

なお、クレジットカードでお金を借りる場合、クレジットカードそのものにキャッシング機能が付帯されていなければいけません。クレジットカードの申し込み時にキャッシング機能を付帯させていなければ、コンビニATMでお金を借りることはできませんのでご注意ください。

もしお持ちのクレジットカードでキャッシング機能が使えない場合には、後から付けられるクレジットカードも多くありますので、まずは発行会社へ問い合わせしてみてください。早ければその日のうちにキャッシング機能が付帯され、すぐにコンビニATMでお金を借りられるかもしれません。

コンビニから低金利&最短でお金を借りるなら消費者金融!

上記の通り、コンビニでお金を借りる方法は3種類ありますが、この中で最もおすすめなのが消費者金融です。一昔前の消費者金融と言えば、グレーゾーン金利の29.9%が当たり前でしたが、曖昧だった制限が改定され、現在では通常18.0%という低金利でお金を借りられます。

返済日を過ぎた場合には遅延損害金として20.0%が加算されますが、返済日さえきちんと守ることで、金利負担は最大でも18.0%です。しかも銀行やクレジットカードと違い、申し込みをしたその日のうちにお金を借りられるのが消費者金融最大の魅力です。

早ければ30~60分程度で指定口座へ借入金の振り込みをしてもらえますし、店舗や自動契約機まで行くことで、すぐにローンカードを発行してもらえます。申し込み方法もとっても簡単で、インターネットを使って公式サイトへアクセスし、必要最低限の個人情報と身分証明書1点を添付するだけで終わります。

すぐに審査が行われ、審査完了後に契約へと進み、あとはお金を借りるだけです。土日祝日でも対応してくれますので、急な出費が発生した時に大変おすすめです。

コンビニでお金を借りられるおすすめ消費者金融

コンビニでお金を借りられるおすすめの消費者金融としてアコム、アイフル、プロミス、SMBCモビット、そしてもう1つが三井住友カードのカードローンです。これらカードローンでしたら最短即日のキャッシングが可能で、お金が必要になったその日のうちにコンビニATMを利用してお金を借りられます。

同じ消費者金融でも中小では振り込み融資が一般的で、自社でのローンカード発行はほとんどないため、コンビニでの借り入れはできません。ここではコンビニでお金を借りられるおすすめ消費者金融について、それぞれご紹介していきますので、まずはインターネットを利用して申し込みしてみてください。

アコム

アコムは、セブンイレブンやローソン、その他E-netに対応したコンビニATMでキャッシング可能な大手の消費者金融です。複数ある大手消費者金融の中で最も利用者が多く、テレビやラジオ、雑誌などの各メディアで積極的に宣伝していることから、知名度も抜群です。

また審査スピードが非常に早く、最短30分で完了し、申し込みをしてから融資実行まで最短1時間とスピーディーです。急にお金が必要になった時には、アコムが強い味方になってくれること間違いありません。そして初めてアコムを利用する場合、契約日の翌日から30日間は金利0円となるため、負担なしでお金を借りることができます

コンビニATMを使ったキャッシングだけではなく、国際ブランドが付帯されたACマスターカードは、MasterCard加盟店での支払いにも使えます。日本国内はもちろん海外でも使えますし、利用する度に0.25%のキャッシュバックが適用されますので、常にお得な買い物や各種サービスの支払いが可能です。

アイフル

アイフルは、大手消費者金融の中で銀行系の傘下やグループに入っていない独立した貸金業者で、セブンイレブンとローソン、E-netのコンビニATMでお金を借りたり返済することが可能です。最短25分で審査が完了し、もちろんその日のうちにローンカードの発行や振り込みキャッシングにも対応しています。最大30日間の無利息期間もあるため、次の給料日までに完済してしまえば金利による負担が0になります。

そんなアイフルをおすすめする理由の1つが、郵送物や在籍確認のいらないWEB完結です。パソコンやスマホなどネットに接続された端末1つあれば、全ての手続きと借り入れ、返済が可能です。契約の際にカードレスを選択することで、セブンイレブンやローソンのコンビニATMを使ったカードのいらないキャッシングもできます。

つまり、スマホさえあれば、申し込みから審査、借り入れ、返済といった全ての手続きが完了します。わざわざローンカードを財布の中に入れておく必要がないため、誰かに財布の中身を見られても、お金を借りている事実はバレません。

プロミス

プロミスは、インターネット申し込みで最短30分融資も可能な大手消費者金融で、日本全国のコンビニATMで使えるローンカードが即日発行されます。もし24時間振り込み可能な銀行口座をお持ちであれば最短10秒で借り入れでき、そのままお近くのコンビニATMですぐに引き出すことができます。

そしてプロミスだけの大きなメリットが、「借り入れ日の翌日から30日間無利息」が適用されることです。他の大手消費者金融の場合、契約した翌日からの開始となりますが、プロミスは初めて借り入れした日の翌日です。つまりプロミスと契約してすぐにお金を借りなかったとしても、30日間無利息キャッシングがなくならず、好きなタイミングで開始できます

今すぐお金が必要な方はもちろん、もしものためにローンカードを1枚持っておきたいという方にも大変おすすめな消費者金融です。

SMBCモビット

SMBCモビットは、三井住友銀行の傘下に入る大手消費者金融で、セブンイレブンやローソンのコンビニATMで今すぐキャッシングできます。大手消費者金融の中で初めてWEB完結を導入したことで知られ、申し込みから借り入れまでインターネットのみで全て完結します。

収入証明書や給与明細書など、会社の在籍が確認できる書類を提出することで、在籍確認が不要となり、また郵便物も届きません。全てインターネットのみで完結するため、家族や友人、同僚など、誰にもバレずにお金を借りることができます

またモビットカードには、クレジットカード機能とTポイント機能が付いているため、お金を借りるだけではなく、日常生活の支払いも便利でお得になります。

三井住友カードのカードローン

三井住友カードのカードローンは、銀行カードローンの1つで、消費者金融よりも低い金利でお金を借りられます。日本全国のセブンイレブンやローソン、E-net対応のコンビニATMで借り入れと返済が可能で、審査時間も最短5分で終わりますので、急な出費で今すぐお金が必要な方におすすめの1枚です。

また三井住友カードのカードローンのメリットとして、返済実績を積めば積むほど金利が低くなるため、どんどん負担が軽減されます。少しでも金利負担を軽減したい場合におすすめのカードローンですが、消費者金融と比較して多少審査基準が高くなります。

まずは三井住友カードのカードローンへ申し込みし、万が一審査落ちしてしまった場合には、上記でご紹介した大手消費者金融を利用してみてください。ただし連続して申し込みをすると審査落ちしやすくなるため、少し期間を置いてから申し込みすることをおすすめします。

コンビニでお金を借りる際の流れ

コンビニでお金を借りる際の流れは、まず消費者金融のカードローンへ申し込み後、ATM機能対応ならセブンイレブンかローソン、またはゆうちょ銀行のATMでも借りられます。ローンカードを持ってコンビニへ行きキャッシング、他にも事前に振り込み融資をしてもらい、コンビニATMから引き出す方法もあります。

そこでここでは、コンビニでお金を借りる際の流れや注意点について詳しく解説していきますので、是非参考にしてみてください。

ATM機能対応ならセブンイレブンとローソンでお金を借りられる

ローンカードがATM機能に対応していれば、日本全国のセブンイレブンとローソンのコンビニATMを使ってお金を借りられます。そもそもローンカードとは、消費者金融などで発行されるキャッシングのためのカードのことで、銀行のキャッシュカードのような感覚でコンビニATMを使ってお金を借りることができます。

設定された利用限度額内でしたら何度でも借り入れと返済が可能で、24時間365日いつでも利用できます。もしもの時に1枚持っておくと大変便利です。

しかし最近ではローンカードを持たずにスマホの専用アプリだけで借りられるカードレス機能も広く普及しており、アコムを除く全ての大手消費者金融で採用しています。

スマホで専用アプリをインストールしておくことで、ローンカードいらずでコンビニATMからお金を借りられますし、財布に保管する必要がないため、万が一誰かに財布を見られてもお金を借りていることはバレません。

コンビニに設置されていればゆうちょ銀行でもお金を借りられる

ファミリーマート内に設置されているゆうちょ銀行のATMでも、ローンカードを使ってお金を借りられます。ただしゆうちょ銀行ATMが使える消費者金融は、プロミスとSMBCモビットのみとなりますのでご注意ください。

消費者金融以外では、イオン銀行カードローン、auじぶん銀行、三井住友カード カードローンなどの銀行系のローンカードもゆうちょ銀行ATMを利用できます。

注意したいのはゆうちょ銀行ATMを使った際に発生する手数料です。各カードローンによって手数料に違いがありますので、事前に公式サイトで確認しておきましょう。

コンビニATMでキャッシングする際の流れ

コンビニATMでキャッシングするためには、まず最初に消費者金融や銀行のカードローンへ申し込みしなければいけません。店頭や自動契約機の利用も可能ですが、おすすめはインターネット申し込みです。パソコンやスマホで簡単に申し込み可能で、本人確認書類の提出もアップロードするだけで簡単に完了します。

申し込みが終わるとすぐに審査が開始され、早ければ30分もかからずに結果がわかります。審査では信用情報機関のデータベースを参照したり、勤め先への在籍確認電話が行われ、問題なければすぐに契約手続きに入ります。

契約手続きは数分で終わり、その後店頭や自動契約機でローンカードを受け取り、そのままコンビニATMでお金ろ借りることができます。

もしローンカードを受け取りに行く時間がなければ、プロミスやアイフルなどで取り扱う専用アプリをインストールするだけで、すぐにコンビニATMでキャッシングが可能になります。郵送ですと、自宅に届くまで数日から1週間ほどかかってしまいますので、契約後すぐにコンビニATMでお金を借りたい場合には、専用アプリに対応した消費者金融への申し込みをおすすめします

コンビニでお金を借りる場合は振り込みで借りてコンビニでお金を下ろす方法もある

コンビニでお金を借りる場合、基本的にはローンカードや専用アプリを使いますが、いつも使っている銀行口座へ振り込んでもらい、コンビニATMでお金を下ろすという方法もあります。現在ではほぼ全てのカードローンで振り込みキャッシングに対応しており、事前に振り込み口座を登録しておくことで、必要な時にすぐ借り入れができます。

あとはいつも使っているキャッシュカードを持ってコンビニATMへ行くだけです。専用アプリに対応していない消費者金融からお金を借りる際に便利な方法です。

またキャッシュカードでしたらコンビニATM利用時に周囲へ借り入れがバレませんし、口座の取引履歴も消費者金融とわからないように別の名前で記録されます。誰にもバレずにコンビニATMでお金を借りたい場合には、是非とも振り込みキャッシングの利用がおすすめです

コンビニATMは24時間利用可能でも審査受付時間は決まっているので注意が必要

コンビニATMを利用することにより、24時間365日いつでも気軽にお金を借りられますが、カードローンの審査受付時間には注意が必要です。

大手消費者金融の場合、土日祝日関係なく毎日21時まで(レイクALSAは日曜のみ18時まで)となるため、21時以降に申し込みをしても実際にコンビニATMでキャッシング可能なのは翌日の審査後となります。三井住友カードのカードローンは、平日8時50分から14時59分までと、審査受付時間が短くなっていますのでご注意ください。

また審査受付時間はあくまでも受付可能な時間であり、審査には早くても30分程度かかります。ですので、21時までであっても、20時頃までには申し込みを完了しておきましょう。申し込みはインターネットでしたら24時間可能ですので、お金が必要になった際にはなるべく早くに済ませておくことをおすすめします。

コンビニでクレジットカードを使ってキャッシングする方法

今現在クレジットカードを持っていれば、コンビニで今すぐキャッシングが可能です。ただしクレジットカードにキャッシング枠の付帯が絶対条件です。もしキャッシング枠がなかった場合、クレジットカードを使ってコンビニでお金を借りることはできません。

またクレジットカードでキャッシングした場合には、金利を加算して返済する必要がありますので、使い過ぎには十分にご注意ください。

ここでは、コンビニでクレジットカードを使ってキャッシングする方法についてもう少し詳しく解説していきますので、クレジットカードをお持ちの方はもちろん、これからクレジットカードへの申し込みを検討している方の参考になれば幸いです。

クレジットカードを利用してお金を借りる際の流れ

クレジットカードをお持ちであれば、キャッシング機能を使ってコンビニATMでお金を借りることができます。お近くのコンビニへ出向き、ATMへクレジットカードを挿入し「借り入れ」を選択、あとは借り入れ金額を入力することで、簡単にお金を借りられます。

いつも使っている銀行のキャッシュカードと流れはほぼ同じですので、特に迷うことなく誰でもコンビニでお金を借りられますのでご安心ください。

ただしクレジットカード自体にキャッシング機能が付帯されていない場合には利用できません。クレジットカードの会員ページへアクセスし、キャッシング機能が付いているかどうか、また限度額はいくらなのかを事前に確認しておきましょう。

また、クレジットカードを使ってコンビニで即日にお金を借りたい場合には、消費者金融のアコムが発行するACマスターカードがおすすめです。年会費は完全無料ですし、利用する度に0.25%がキャッシュバックされるため、日常生活における支払いがとってもお得になります。

各コンビニで利用するとお得なキャッシングができるクレジットカード

ほとんどのクレジットカードはコンビニでキャッシングできますが、もっとお得に便利にキャッシングしたい場合には、コンビニ各社が発行するクレジットカードがおすすめです。

例えばセブンカード・プラスは、セブンイレブンの電子マネー「nanaco」のポイントが貯まるクレジットカードで、チャージで利用するだけでも200円で1ポイントが加算されます。もちろんキャッシング機能も付帯していますので、全国のセブン銀行ATMでいつでも気軽にお金を借りられます。

他にもローソンの「ponta」が貯まるローソンpontaプラス、Tポイントが面白いように貯まるファミマTカードなど、お金を借りながらお得が貯まるクレジットカードです。

ただしこれらクレジットカードに申し込みをしても、即日にカード本体を受け取れるわけではありません。最も早いのがローソンpontaプラスですが、それでも最短3日は待たなければいけません。すぐにお金が必要でクレジットカードを使ったキャッシングをしたい場合には、前述したACマスターカードをおすすめします

ファミリーマートの「ファミマTカード」でお金を借りることはできる?

ファミリーマートの「ファミマTカード」は、利用する度にTポイントが貯まるお得なクレジットカードですが、お金を借りることもできます。他のクレジットカードにはないお金の借り方を採用しており、カード本体の裏側に記載されている電話番号へまずは連絡します。

いわゆるテレフォンキャッシングと呼ばれるサービスで、電話を使っていくら借りたいか伝えるだけで、遅くとも翌日には指定口座へ借り入れ金が振り込まれます。

注意したいのは100%確実に借り入れ可能ではないということです。テレフォンキャッシングへ申し込みをした際には審査が行われ、もし過去に返済遅延や現在の借入状況が多いと、審査で断られてしまう場合があります。

コンビニATM対応の銀行カードローンでお金を借りる方法

銀行カードローンでしたら消費者金融よりも低金利でお金を借りられ、コンビニATMを使っていつでもキャッシングが可能です。また銀行カードローンは総量規制の対象外ですので、借り入れ可能額は年収額に縛られません。低金利でまとまったお金が必要な方に銀行カードローンは大変おすすめです。

ただし消費者金融と比べて審査基準が多少高くなっているため、条件を満たしていても審査で落とされてしまう可能性がありますのでご注意ください。

そこでここでは、コンビニATM対応の銀行カードローンでお金を借りる方法について解説していきます。

コンビニでお金を借りられるネット銀行カードローン

最近では実店舗を持たないネット銀行を利用する人も増えてきていますが、一部のネット銀行ではコンビニでお金を借りられるカードローンのサービスを取り扱っています。楽天銀行カードローン、PayPay銀行カードローン、ソニー銀行カードローン、auじぶん銀行の「じぶんローン」など、各ネット銀行でお金を借りられます。

ネット銀行のカードローンは、コンビニ各社のATMと提携していますので、24時間365日いつでもお好きな時間にキャッシングできます。すでにネット銀行の口座をお持ちでしたらスピーディーな申し込みが可能で、早ければ翌日にはコンビニATMでお金を借りることができます。ネット銀行の口座開設と同時にカードローンの申し込みもできますので、まだ口座をお持ちでない方におすすめです。

大手メガバンクのカードローンもコンビニATMに対応している

大手メガバンクでも積極的にカードローンを取り扱っており、コンビニの提携ATMを使ってすぐにお金を借りることができます。

例えば三井住友銀行カードローン、三菱UFJ銀行のマイカードプラス、りそな銀行カードローンなどは、セブンイレブンやローソンのATMでお金を借りられ、E-bet対応のATMでも使えます。日本全国にある大手コンビニで利用できますので、1枚持っておくだけで生活が便利になること間違いありません。

また大手メガバンクのカードローンは総量規制対象外となるため、他社借り入れがあっても年収額に関係なくまとまったお金を借りられます。

ただし消費者金融と比べて審査基準が多少高く、過去に金融事故を起こしていたり、収入状況によっては審査通過が厳しくなりますのでご注意ください。

銀行カードローンはキャッシュカードを利用してコンビニATMでお金を借りられる

銀行カードローンは、キャッシング専用のローンカードのほか、カードローンの機能が付帯された一体型のキャッシュカードの2種類があります。日常で使っているキャッシュカードをコンビニATMへ挿入するだけで、口座からお金を引き出す必要なく、キャッシング枠からお金を借りることができます。

一体型のキャッシュカードでしたら、財布に入れていてもお金を借りていることはわかりませんし、キャッシングはコンビニATMですので絶対にバレません。

注意点として、コンビニATMへのカード挿入方向が引き出しとキャッシングで異なる場合があります。キャッシングと異なる方向でコンビニATMへ挿入しても借り入れはできませんのでご注意ください。

コンビニATMでお金を借りる際の注意点

コンビニATMでお金を借りる際には、借り入れの限度額、明細書の管理、手数料に注意してカードローンを利用しましょう。各コンビニATMによって借り入れ限度額が異なりますし、明細書が発行されることで借り入れが他人にバレてしまう恐れがあります。また借り入れと返済どちらでも必ず手数料が発生するのでご注意ください。

それではもう少し詳しく、コンビニATMでお金を借りる際の注意点について解説していきますので、実際にカードローンを利用する前に必ず確認しておきましょう。

コンビニATMの借り入れ限度額には注意する

セブンイレブンやローソン、E-netなどのコンビニATMには、1日にキャッシング可能な最大借り入れ限度額が決められています。例えばセブン銀行では50万円まで、ローソン銀行とE-netは20万円までで、カードローンの利用限度額が残っていても、これを超える借り入れはできません。

ただし24時間ではなく日付をまたいだ瞬間に再び各ATMの限度額まで借り入れ可能になりますので、多額のお金を借りたい場合には何日かに分けて利用しましょう。

他にも3つのコンビニATMからそれぞれ借りる方法もあります。全てのコンビニATMを回れば、1日の限度額は最大90万円になります。もちろんコンビニを変えても、同じ銀行のATMでは意味がありません。セブン銀行、ローソン銀行、E-netと使い分けなければいけませんのでご注意ください。

借り入れがバレたくない方は明細書に注意する

コンビニATMでキャッシングをすると、必ず利用明細書が発行されます。もし借り入れしたことを誰にもバレたくない場合には、利用明細書の管理はしっかり行いましょう。

財布の中に入れっぱなしではもしも財布を見られた時にバレてしまいますし、自宅のゴミ箱に捨てても、何かしらの拍子に見つかってしまう恐れがあります。利用限度額はお金を借りた証拠でもあり、また管理にも重要な書類ですが、バレたくない方はしっかりと破いて公共のゴミ箱へ捨てることをおすすめします。

コンビニATMで借りる際は手数料に気をつける

消費者金融や銀行と提携するコンビニATMで借りる際には必ず手数料を支払わなければいけません。もちろん追加で入金する必要はなく、自動的に差し引かれます。借り入れ時と返済時、どちらでも手数料がかかります。取引金額が1万円以下の場合、借り入れ時と返済時とも110円の手数料が必要です。

また1万円以上の場合には220円と割高になりますのでご注意ください。少しでも手数料を抑えたい場合には、取引金額は1万円以下に抑えると良いでしょう。

コンビニでお金を借りる方法に関するQ&A

最後にコンビニでお金を借りる方法に関するよくある質問と回答をまとめてみました。今すぐコンビニATMでのキャッシングを考えている方の参考になれば幸いです。

コンビニATMで審査なし&即日融資可能な方法はありますか?

新規借り入れで、審査なし&即日融資可能な方法はありませんが、クレジットカードにキャッシング枠が付帯している場合には、審査なしで今すぐコンビニATMでお金を借りられます。クレジットカードのキャッシング枠は、カード発行時に審査が完了していますので、初めてキャッシングを利用する際に再度の審査はありません。

ただしキャッシング枠のないクレジットカードに新たにキャッシング枠を付けたい場合には、審査が行われますのでご注意ください。またコンビニATMによっては今お持ちのクレジットカードと提携していない可能性もあります。キャッシングする際には、どこのコンビニATMなら提携しているのかを事前に確認しておきましょう。

審査なしでお金を借りる場合、注意したいのは闇金です。闇金では振り込みでお金を借りることが可能で、いつも使っているキャッシュカードでコンビニATMから引き出すことができます。数万円程度はほぼ審査なしで借りられますが、絶対に闇金を利用してはいけません。法外な利息や脅しのような取り立てで、人生を左右するトラブルに巻き込まれてしまう恐れがあります。どれだけお金に困っても闇金だけは避けましょう。まずは大手消費者金融へ申し込みしてみることをおすすめします。

コンビニで学生がお金を借りる方法は何がありますか?

学生でもアルバイトをして安定収入があれば、消費者金融のカードローンへ申し込み可能ですので、すぐにコンビニでお金を借りることができます。2022年の法改正により、18歳19歳でも親の承諾なくカードローンの申し込みが可能になりましたが、一部では20歳以上しか受け付けていない消費者金融もありますのでご注意ください。

また同じ18歳でも高校生の利用はできなく、大学生や専門学校生に限ります。利用限度額は10万円、多くても20万円程度ですが、問題なくコンビニでお金を借りられますのでご安心ください。

ただし日雇いや登録制のアルバイトですと、安定収入として認められなかったり、在籍確認ができなくて審査落ちする可能性があります。学生がコンビニでお金を借りる場合には、シフト制で毎月安定収入のあるアルバイトを選びましょう。

カードローン以外の方法でコンビニからお金を借りることはできますか?

カードローン以外でしたら「LINEポケットマネー」へ申し込みすることで、コンビニからお金を借りることができます。LINEポケットマネーとは、LINEユーザーを対象にしたキャッシング機能で、LINEとみずほ銀行、オリコカードの3社が手を組んで提供するサービスです。

1円から最大300万円まで借りられ、申し込みから借り入れまでは早ければその日のうちに行われ、LINE Payや指定銀行口座に入金されます。自宅に郵送物が届くこともなく、全てLINE上で管理できるため、誰にもバレずにお金を借りられます。今でしたら最大100日間に渡って、利息分がキャッシュバックされるキャンペーンを実施しています。つまり最大100日間は利息負担0でお金を借りられますので、カードローン以外の方法でコンビニからお金を借りたい場合に大変おすすめです。

もちろんLINEポケットマネーの利用には審査が必要です。LINEポケットマネーも消費者金融や銀行と同様に個人信用情報機関のデータベースを参照した審査を行うため、あまりにも借り入れ件数が多かったり、過去に金融事故を起こしていたら審査通過は難しいです。LINEポケットマネーを使ってコンビニからお金を借りる場合には、信用情報を綺麗にしてからの申し込みをおすすめします。

プロミスならコンビニでお金を借りることができますか?

プロミスは、セブンイレブンやローソンの他、ファミリーマートやポプラ、デイリーヤマザキなどにあるE-net対応のコンビニATMでもお金を借りることができます。どこのコンビニATMでも借り入れと返済が可能で、平日休日問わず24時間365日いつでも取引が可能です。ただし1万円以下で110円、1万円以上で220円の手数料がかかりますのでご注意ください。

またプロミスへの申し込みはコンビニからはできません。事前にインターネットを使ってプロミスの公式サイトから申し込みをし、審査を経てローンカードを受け取り、その後コンビニATMでキャッシングをします。プロミスでしたら契約日の翌日から30日間の無利息キャッシングに対応しており、次の給料日までに完済してしまえば、利息の負担がなくなります

審査もスピーディーで、早ければその日のうちにローンカードを受け取れますので、急ぎでお金が必要な方にもおすすめの消費者金融です。

ローソンでお金を借りる方法を教えてください。

ローソンのATMはたくさんの消費者金融や銀行と提携しており、様々なローンカードでお金を借りることができます。アコム、アイフル、プロミス、レイクALSA、SMBCモビット、そして三井住友銀行カードローンでもローソンで借りられます。

またクレジットカードのキャッシング機能もローソンのATMに対応しているため、キャッシング枠があれば審査なしで今すぐにお金を借りることができます。

おすすめはローソン銀行のカードローンPontaプラスです。ローソン銀行が発行するクレジットカードで、国際ブランドのMasterCardが使えます。ローソンのPontaポイントも貯まり、他社のポイントへの交換も可能です。いつも使っているコンビニがローソンでしたら、是非とも持っておきたい1枚です。

コンビニでお金を借りる方法まとめ

今回は、コンビニでお金を借りる方法やキャッシングまでの流れ、コンビニATMでお金を借りる際の注意点などについて詳しく解説してきました。カードローンでしたらとっても気軽にコンビニでキャッシング可能で、アコムやアイフルなどの大手消費者金融なら今すぐお金を借りることができます。

コンビニでしたら周囲にキャッシングだとバレませんし、きちんと明細書を管理していれば、一緒に住む家族にバレることもありません。日本全国あらゆるコンビニATMが使えますので、もしものために是非1枚ローンカードを持っておくことをおすすめします。

この金融記事を書いた人

厚生貯金ジャーナル 編集部は、金融の国家資格保有者、専門家が集まっています。記事で取り扱う内容は、主にカードローンやキャッシング・クレジットカードなどの情報であり、日本FP協会が発行するファイナンシャル・プランニング技能士や、日本証券業協会が認定する証券外務員一種など国家資格を保有した編集者が執筆、制作を行います。

その上で、ユーザーの利便性や情報の分かりやすさを最優先し、品質に関するガイドラインを満たした有益な情報として公開しています。
この記事を書いた厚生貯金ジャーナル 編集部の詳しいプロフィールはこちら

目次