個人間融資の口コミを一挙公開!Twitterの個人間融資口コミも網羅

個人間融資の口コミ

インターネットが完全に普及した現在、個人同士でお金の貸し借りをする個人間融資がTwitterや掲示板、その他SNSなどで行われています。

結論から言うと、個人融資は大変危険なため、絶対に利用してはいけません。そこでこの記事では、なぜ個人間融資は危険なのか、そして今すぐお金が必要な時にはどんな方法で借り入れをすればいいのかについても詳しく解説していきます。さらに、個人融資の口コミをピックアップし、個人融資掲示板の危険性、お金を貸す側の真の狙い、個人間融資でトラブルに陥った際の対処法などもまとめてみました。個人間融資を検討している方は是非最後までご覧ください。

この記事は、国家資格を保有している編集部の複数メンバーにて執筆され、さらに、専門のファイナンシャル・プランニング技能士(日本FP協会)に当記事の監修をしてもらった上で公開しています。

目次

個人間融資とは?

個人間融資とは、元々友人や知人ではない他人同士でお金の貸し借りをする行為で、主にTwitterやInstagram、ネット掲示板などで貸したい人と借りたい人が繋がります。もちろん家族や友人との貸し借りも個人間融資の1つですが、ここでご説明するのは他人同士の貸し借りです。

例えば、お金を貸したい人が「必要書類」「利息」「返済期限」「限度額」などの条件を個人融資掲示板に書き込み、それを閲覧した借りたい人と直接連絡を取り合います。逆にお金を借りたい人が個人間融資掲示板へ「10万円貸してほしいです」「今すぐ5万円貸してくれる人探しています」と書き込み、貸したい人から連絡を待つ方法もあります。

借りたい人と貸したい人の条件にお互いが納得した上でお金の貸し借りを行い、借りた人は約束通りに返済をしなければいけません。一見「買います」「売ります」のようなニュアンスがありますが、実際にはトラブルが横行する取引であり、金融庁でも個人間融資に関して注意喚起しています

個人融資掲示板は利用してはいけない!

個人融資掲示板を覗いてみますと、そこには「ブラックでも貸します」「審査なしで誰でも貸します」「人柄重視で貸します」など、消費者金融や銀行からお金を借りられない人からしてみれば、魅力的な言葉が並んでいます。

しかし、これら個人融資掲示板に書き込まれている言葉は全て罠だと思って間違いありません。ブラックや審査なしでもお金を借りられると謳っているのですから、法律を犯している可能性が非常に高いです。

本当にお金が必要な方は藁にもすがる思いで個人融資掲示板を利用したくなるものですが、そこには危険がいっぱい潜んでいます。人生を左右する大きなトラブルに発展してしまう恐れもありますので、絶対に個人融資掲示板は利用してはいけません

個人間融資の危険性

個人間融資の危険性は、「法外な利息」「手数料・保証金の持ち逃げ」「わいせつ行為」「脅し」など、様々な犯罪行為が横行しているところにあります。まず法外な利息ですが、トイチ(10日で1割)やトゴ(10日で5割)は可愛いもので、10万円しか借りていないのに短期間で50万以上の返済を求められることがあります。

返済が終わっても難癖付けてさらに返済を要求され、借りてもいない大金を延々と支払い続けることになります。さらに「家族がどうなってもしらないぞ」「被害届を出したらどうなるかわかってるよな?」などと脅してもきます。中にはお金を貸す前に手数料や保証金の振り込みを求められ、結局融資が行われずにそのまま持ち逃げされてしまう場合もあります。

また女性が個人融資掲示板で借り入れを求めた場合、身体の関係を融資条件にしてきたり、わいせつ画像を送信させ、そのまま逃げられてしまうといった危険性もあります。このように個人融資掲示板には数多くの危険性がありますので、どれだけお金に困っても絶対に利用してはいけません。

個人融資の口コミ

Twitterやネット掲示板を確認してみますと、数多くの個人融資に関する口コミが書き込まれています。その中でもよく書きこみをされているのが「個人融資の吉田」「個人融資の和田」「個人融資のヤマザキ」という人物です。個人間融資の世界では有名な貸し手となっており、たくさんの人へ融資を行っています。もちろん貸金業者の許可は持っていないため、例外なくすべて貸金業法違反となります。

では、実際にこれら個人融資を利用している人達はどう思っているのでしょうか?ここでは各個人融資の口コミをTwitterよりピックアップしてみました。

個人融資 吉田の口コミ

個人融資として有名な吉田は、古くからTwitterや掲示板で融資を行っており、個人融資なのにも関わらず厳しい審査をしていることで知られています。融資を受けるためには社会保険証が必要不可欠で、通常の国民保険証では提出した時点で断られてしまいます。しかし融資を受けられれば月1返済が可能で、7日や10日というサイクルの多い中、比較的長期的にお金を借りられます。

また、消費者金融や銀行のように勤め先への在籍確認も行っているため、嘘の勤め先で申請しても必ずバレてしまいます。しかし、どれだけ審査が厳しくても違法行為に間違いありませんし、いわゆるソフト闇金に該当しますのでご注意ください

個人融資 和田の口コミ

個人融資で広く知られる和田は「年利10,000%という超法外な金利でお金を貸している」と有名な人物です。Twitterアカウントでは「個人融資」として活動していますが、実態はただのヤミ金という噂があります。

初回の融資金は非常に少なく、多くても10,000円程度となりますが、「1週間後には30,000円の返済を要求された」という口コミもございました。3倍返しは数多くあるヤミ金の中でも最高水準で、ジャンプ(完済の延期)するためには10,000円の融資で15,000円の支払いが必要となるようです。

和田の特徴に関する口コミとして、「取引の時は優しく丁寧な口調で接してきますが、1度でも返済遅延があると性格が凶変し、怒鳴ったり威圧的な態度を取ってくる」という口コミがみられました。

個人融資 ヤマザキの口コミ

個人融資のヤマザキは、Twitter上では個人を装っていますが、実際には組織的に違法貸付を行うヤミ金業者という口コミがみられました。1ヶ月で4~5割程度の利息が加算され、返済遅延時には「子供の足を切ってやる」などと脅したり、過去には消防や救急車を勝手に呼ばれて大変な目に遭った債務者もいるようです。

吉田や和田と比べて返済遅延での嫌がらせや脅しは尋常ではなく、荒々しい言葉遣いで債務者を脅してくるという口コミもございました。

Twitterの個人融資口コミ一覧

Twitterでは様々な個人融資の取引が行われており、「個人間融資」「個人融資」などと検索すると、数多くの口コミや評判がヒットします。実際にTwitterの個人融資口コミをピックアップしてみましたので、お金を貸している側と借りている側でどんなトラブルが発生しているのかを知っておきましょう。

個人間融資の口コミから分かる金利の実態

法治国家である以上、個人間融資であっても利息制限法に則った範囲内での金利でなければいけません。もちろん友人や同僚など、顔見知りの関係でも、お金の貸し借りでもらっても良い金利は法律によって決められています。利息制限法では10万円未満で年20.0%、10万円以上100万円未満で年18.0%、100万円以上で年15.0%です。これを超える金利は違法であり、債権者は利息制限法違反で民事訴訟されても文句は言えません

しかし個人間融資の口コミを見てみますと、返済期限は7日・15日・30日など様々ありますが、5万円借りて6万円の返済、10万円で11万円返済など、利息制限法を大きく上回る金利を要求してきています。

中にはたった次の給料日(つまり31日以内)に倍返しという貸し手もいます。もちろん利息制限法を超える金利は支払わなくても良いですが、個人間融資の場合には脅しが横行しているため、とことん追い込まれます。

以上のことから、個人間融資の金利は非常に高く完全違法行為のため、どれだけ困ってもお金を借りてはいけません。

個人間融資の闇【お金を貸す側の狙い】

個人間融資は100%完全なる違法行為ですが、他人にお金を貸すことで大きなメリットがあるからこそ無許可で融資を行っています。つまり、個人間融資にはお金を貸す側には「悪質な狙い」があるわけです。高額な利息はもちろん、返済遅延や貸す条件として女性へのわいせつ行為、詐欺、個人情報収集、その他犯罪に加担させるなど、個人間融資の闇はたくさんあります。

ここでは個人間融資の闇と題し、お金を貸す側の狙いについて6つ解説していきますので、個人間融資の恐ろしさを知っていただけると幸いです。

利息目当て

個人間融資でお金を貸す側の狙いはズバリ利息です。利息制限法無視の法外な利息を短期間で加算し、時に元本の倍以上の返済を求めてきます。

例えば30,000円を貸す場合、まず手数料として6,000円を差し引き24,000円を貸し付けます。しかし利息は30,000円に対して加算され、1週間や10日ほどで50,000円や60,000円の返済金にまで膨れ上がります。

借り手側が返せない場合には「ジャンプ」と呼ばれる利息だけを支払って返済日を延ばしますが、元本は一切減っていないため、ジャンプだけで十分な稼ぎと延々と得られます。

闇金業者が個人のフリをしている

個人間融資の掲示板に群がるお金を貸す側は、ほぼ闇金業者だと考えて間違いありません。広告を出せない闇金業者が個人のフリをして他人にお金を貸しています。中には10年以上も個人のフリをして闇金業を営んでいる業者も存在し、日々債務者から荒稼ぎをしています。

「闇金で借りたくないから個人間融資でお金を借りたい」という人たちが、次々と騙されているのが個人間融資の大きな闇です。

女性へのわいせつ行為

非常に卑劣な行為ですが、お金に困っている女性に対してわいせつ行為を要求してくる貸し手側も多いのが現実です。「貸してあげる代わりに」「返済できないなら身体で支払って」など、にわかに信じ難いわいせつ行為が普通に行われています。

中にはわいせつ行為だけしてお金を貸さなかったり、プライベートな写真を送らせ、「拡散されたくなかったら…」とわいせつ行為の脅迫も起こっています。

寸借詐欺

個人間融資でよくあるのが寸借詐欺です。借りたい人も寸借詐欺とは気付かずに、「この人なら貸してくれるだろう」と要求をそのまま飲んでしまう傾向にあります。例えば「融資を実行する前に手数料として5,000円を振り込んでください」「本気かどうか信用を見たいので、最初に10,000円を振り込んでください」などと、少額を振り込ませます。

信用を見たいと言われれば、お金を借りたい人からしてみれば、その人の言葉を信じたくなるものです。もちろん振り込んだお金は返ってきませんし、融資もしてもらえません

個人情報をだまし取る

お金に困っている人の個人情報というのは、闇金や裏社会では非常に高値で取引が行われています。融資を受けるために個人情報を送った途端、音信不通というケースは、個人間融資ではよくあることです。

氏名や住所、電話番号はもちろん、会社や実家の連絡先などもだまし取られ、身分証明書まで闇へと流れていきます。ここまでの個人情報が揃っていれば、この世にもう1人の自分がいるのと同じです。まともな使われ方はされず、自分が知らないところでもう1人の自分が悪さをしている可能性も考えられます。

口座売買などの犯罪行為

一昔前と違い、現在では簡単に口座開設ができなくなり、身分証明書はもちろん、様々な情報を提出しなければいけなくなりました。そこで個人間融資を使い「こっちで入金するから、まずは通帳と印鑑を送って欲しい」と指示されます。もちろん入金されずはずはなく、オレオレ詐欺などの犯罪に利用されます。

自分の名前で開設した口座が「詐欺グループの資金収集や管理に使われている」といった状況に陥るケースもあるので、十分注意してください。

個人間融資の掲示板は闇金が多い

個人間融資の掲示板を確認してみますと、そこには「お金貸します」「今すぐ融資します」など、貸す側の書き込みが多数見受けられますが、その多くが闇金です。そしてお金を借りたい側のほぼ全てが信用情報に傷がついたブラックの人で、どこからもお金を借りられないため、個人間融資の掲示板を利用しています。

そんな個人間融資の掲示板で行われている現状を踏まえ、ここでは個人間融資の掲示板についてもう少し詳しく解説していきます。

お金を借りたい人の大半がブラック

お金を借りたいのなら消費者金融や銀行のカードローンを使えば良いのですが、個人間融資の掲示板を利用する人のほぼ100%がブラックです。つまり消費者金融や銀行では借りられず、藁にもすがる思いで個人間融資の掲示板を使い、お金を貸してくれる人を探しています。

実際に個人間融資の掲示板の書き込みを覗いてみますと、「どこからも借りられません。助けてください」「自己破産をしてお金が借りられなくて困っています」など、切実な書き込みばかりが目立ちます。ブラックでお金を借りられなく、信用を失ったことで家族や友人などからも借りられない人たちが大半なのが個人間融資の掲示板なのです。

普通の人からしてみれば「個人が他人に貸すわけないじゃん」「騙されるってわかっているのになんで?」と疑問に感じるかもしれません。しかしブラックという状況は死活問題であり、とにかくお金を借りないとヤバい!という気持ちが、詐欺に遭うかもという危機感までも上回ってしまうのです。

お金を貸す人の大半が闇金

素性も顔もわからないただの他人に、返済リスクを背負ってまで金銭面で助けようとするでしょうか?中にはそのような方も稀にいらっしゃるかもしれませんが、大半は個人になりすました闇金です。闇金からしてみれば、個人間融資の掲示板は入れ食い状態であり、わざわざ危険を犯してまで広告を打つことなく、勝手にお金を借りたいブラックの人たちが集まってきます。

店舗を構える必要もありませんし、お金を貸す側は常に上位に立っているため、法外な利息を提示しても何も文句は言われません。他にもたくさんお金に困っている人たちがいるのですから、文句を言ってきたら貸さなければ良いだけの話です。

闇金ですから当然脅しのような取り立ても行ってきますし、自宅や勤め先、実家、場合によっては友人にまで話がいき、とことん精神的に追い込んできます。もちろん闇金で借りたお金は返す必要もありませんが、追い詰められると何をしてでも返さなければいけないという気持ちが生まれます。

万が一個人間融資の掲示板でトラブルに巻き込まれてしまった場合には、とにかく弁護士や司法書士、状況によっては警察に通報する勇気も必要です。

個人間融資の掲示板自体は合法

闇金の巣窟化している個人間融資の掲示板ですが、実は掲示板自体に違法性はなく合法的に存在しています。掲示板の利用に手数料を徴収して融資の取引をさせるのは違法ですが、個人間融資の掲示板は無料で開放しています。ただし個人間融資の掲示板である以上、最低限利用規約の表記とサイト内パトロールは掲示板管理者が行わなければいけません。

利用規約には「法定利率内で取引をすること」「闇金業者の利用は禁止」「個人情報は厳重に管理すること」などです。もちろん個人間融資の掲示板でお金を貸す側にとって、そんな利用規約は関係ありません。

管理者も最低限のルールを守っているのですから、掲示板自体は合法です。あとは個人同士の取引ですので、何が起ころうが管理者に法的責任はないのです。

個人間融資でトラブルに陥った際の対処法

個人間融資にトラブルは付き物ですが、もし個人間融資でお金を借りてしまい、何かトラブルが発生した場合には、正しく対処することが大切です。

違法である以上、弁護士や司法書士に相談すれば法律に従って対処してくれますし、銀行口座を売ってしまった場合には即座に口座凍結、そして本人確認書類を提出してしまったら警察に連絡など、すぐに行動しなければいけません。そのまま放置しているとさらにトラブルは深刻さを増し、最悪は暴行や脅迫、場合によっては身に覚えのない犯罪に巻き込まれてしまう恐れがあります。

ここでは個人間融資でトラブルに陥った際の対処法について詳しく解説していきますので、万が一の時には是非参考にしてみてください。

弁護士や司法書士に相談する

個人間融資でトラブルに発展してしまった場合には、自分で解決しようとは考えず、弁護士や司法書士など、法律のプロに相談してください。個人間融資の掲示板自体に違法性はなかったとしても、法外な利息で貸し付けするのは100%違法行為です

いきなり警察に助けを求めたとしても、事件に発展するまでは動いてくれないのが現実です。多少費用が発生しますが、必ず弁護士や司法書士への相談をおすすめします。実際に弁護士が動いたことで取り立てがピタッと止まり、その後も全く音信不通の状態が続き、全てが解決したというケースがあります。弁護士も司法書士も、無料で相談に乗ってくれる事務所もありますので、まずは正直に全てのことをお話しましょう。

銀行口座を売ってしまった場合は口座凍結する

万が一銀行口座を売ってしまったり、騙されて通帳や印鑑を奪われてしまった場合には、とにかくまずは口座凍結を申請してください。犯罪に使われると知っていて銀行口座を売る行為は違法であり、その事実を銀行に伝えるのに躊躇したい気持ちはよくわかります。

しかし、実際に犯罪で使われてしまった場合、銀行口座の名義人も罪に問われ、被害者から損害賠償請求される可能性があります。場合によっては幇助行為の罪に抵触し、逮捕されてしまいます。人生を左右する大きなトラブルに巻き込まれてしまう恐れがありますので、速やかに銀行へ連絡しましょう。

本人確認書類を送ってしまったら警察へ連絡する

個人間融資の掲示板で本人確認書類を送ってしまった場合には、すぐに警察へ連絡してください。本人確認書類を送ったのに融資されていないのであれば、それはれっきとした詐欺事件として警察も動いてくれます。

大切な本人確認書類を他人に送ったことで、何か罪になるのではないか?と警察へ連絡することに対して怖さがあるかもしれませんが、ただ送っただけでは罪に問われません。そのまま放置し、何かしら犯罪に悪用されてしまったら、逆に警察のお世話になってしまう可能性があります。

悪用されて被害者を出す前に、必ず警察へ連絡してください。心配なようでしたら弁護士や司法書士に同席してもらうのも1つの方法です。

個人間融資は危険!今すぐお金を借りたい方は最大30日間利息0円の消費者金融がおすすめ!

ここまでの内容でどれだけ個人間融資が危険で恐ろしい借り入れ方なのかをご理解いただけたかと思います。お金に困っても絶対に個人間融資でお金を借りてはいけません。もし今すぐお金を借りたい方は、最大30日間利息0円の大手消費者金融から合法的に融資を受けましょう。早ければ申し込みから30~60分程度でお金を借りられ、その日のうちにローンカードの受け取りも可能です。

個人間融資は百害あって一利なしです。お金の悩みを余計に膨らませてしまう原因となりますので、お金に困った時には是非とも大手消費者金融をおすすめします。そこでここでは、最大30日間利息0円でお金を借りれるおすすめの大手消費者金融を3社ご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

アコム

アコムはインターネットを使った取引に力を入れている大手消費者金融で、申し込みから借り入れ、返済まで、全てスマホ1つで完了します。もちろん24時間365日申し込みを受付けており、毎日21時までに審査が完了すれば、その日のうちにお金を借りられます。

審査時間は最短30分で、申し込みから借り入れまで早ければ30~60分で終わります。また楽天銀行の口座を持っていれば、借り入れ手続きから着金までわずか1分です。日本で最も利用者数の多い消費者金融ですので、初めてカードローンでお金を借りる方にも大変おすすめです。

アイフル

アイフルは、唯一銀行傘下に入らず、独立した貸金業を続けている大手消費者金融です。独自審査により他の消費者金融よりも借りやすいと評判で、アイフルなら借りられたという口コミも多く見掛けます

申し込みから借り入れまでは最短25分も非常にスピーディーで、カードレスでの借り入れや返済にも対応しています。提携ATMの利用には手数料がかかりますが、日本全国には数多くの提携ATMがありますので、どこに住んでいても気軽にお金を借りられます。

プロミス

プロミスは、スマホを使った事前審査がわずか15秒で行われ、そこから申し込みへ進み最短30分でお金を借りられる大手の消費者金融です。24時間振り込み可能な銀行口座をお持ちであれば、借り入れ申請から最速10秒で着金するため、急な出費でお金はない時には本当に助かります。

また、WEB完結を利用することで郵便物なしとなり、一緒に住む家族や同居人にバレることなくお金を借りることができます。

個人間融資に関するQ&A

最後に個人間融資に関するよくある質問と回答をまとめてみました。個人間融資でお金を借りようと検討している方の参考になれば幸いです。

個人間融資lineの評判は良いですか?

個人間融資lineは、掲示板でお金を借りたい人を募集し詐欺的な行為や超法外な利息を要求してくるなど、最悪な評判が多数見受けられます。全てのやり取りにlineが使われ、あらゆる個人情報や身分証明書の提示を求められ、一度でも返済が送れることで、脅しのような取り立てをしてきます。

個人間融資lineは個人を装った闇金であることに間違いありません。非常に悪い評判ばかりですので、絶対にお金を借りてはいけません。

本当に貸してくれる個人間融資はありますか?

個人間融資の掲示板を利用することで、本当に貸してくれる個人の人は少なからずいます。しかし大半は闇金だと思ってください。また本当に個人で融資をしている人物でも、法外な利息を要求してきますので、やってることは闇金と何ら変わりません。

法外な利息だけでなく、個人情報を流されたり女性にはわいせつ行為を要求されたりするなど、個人間融資の掲示板は無法地帯状態です。本当に貸してくれる人がいたとしても、絶対にお金を借りるべきではありません。より一層お金の悩みが大きくなるだけでなく、精神的にも追い込まれてしまいます。

個人間融資の成功例はありますか?

個人間融資に関する口コミ評判を確認してみますと、確かに成功例があるようですが、それが真実か否かはわかりません。「昨日個人間融資で30,000円借りれました。対応も丁寧で利息も低いし本当助かりました」「個人間融資で完済後、限度額をアップしてくれ、金利も下げてくれました」など、成功例といえるかもしれません。

しかし、闇金ばかりの個人間融資で、こんな成功例はとても信用できません。成功例に騙されることなく、個人間融資の利用は避けましょう。

まとめ

今回は、個人融資の口コミをピックアップし、個人間融資の危険性や借りてしまった場合の対処法などについて詳しくご紹介させていただきました。個人間融資には良い口コミも悪い口コミもありましたが、お金を貸す側には何らかの悪質で非道な狙いがあり大変危険です。

そもそも個人間融資は違法行為ですので、どれだけお金に困っても絶対に利用してはいけません。もしいますぐお金が必要でしたら、最大30日間利息0円でお金を借りれる大手消費者金融の利用を断然おすすめします。

この金融記事を書いた人

厚生貯金ジャーナル 編集部は、金融の国家資格保有者、専門家が集まっています。記事で取り扱う内容は、主にカードローンやキャッシング・クレジットカードなどの情報であり、日本FP協会が発行するファイナンシャル・プランニング技能士や、日本証券業協会が認定する証券外務員一種など国家資格を保有した編集者が執筆、制作を行います。

その上で、ユーザーの利便性や情報の分かりやすさを最優先し、品質に関するガイドラインを満たした有益な情報として公開しています。
この記事を書いた厚生貯金ジャーナル 編集部の詳しいプロフィールはこちら

目次