交番で警察からお金を借りる方法は公衆接遇弁償費!財布を落として家に帰れない時の活用方法&注意点を解説

交番で警察からお金を借りる

「財布を落として家に帰る電車賃がない!」という経験がある方は多いかもしれません。こういった緊急事態に遭遇した時、公衆接遇弁償費で交番で警察からお金を借りることができます。警察からお金を借りると言っても、消費者金融のように大金を借りられるわけではありません。お金を借りられるケースも限られます。

そこでこの記事では、交番や警察からお金を借りる方法やその注意点について詳しく解説していきます。

この記事は、国家資格を保有している編集部の複数メンバーにて執筆され、さらに、専門のファイナンシャル・プランニング技能士(日本FP協会)に当記事の監修をしてもらった上で公開しています。

目次

交番で警察からお金を借りる方法は公衆接遇弁償費!財布を落として家に帰れない場合は利用可能

冒頭でもご紹介しましたが、交番で警察からお金を借りる方法、それは「公衆接遇弁償費」です。「思わぬトラブルによって、緊急的にお金が必要になった人に対し適用される、一時的な救済のための経費」を指します。適用が認められるケースとして、警視庁ではいくつかの事例を挙げていますが、昭和43年(1973年)に公表された文書なので、言い回しが少し複雑です(※)。どのような場合に経費として認められるのか、多少噛み砕いて以下に紹介しましょう。

  • 財布を落として(盗まれて)帰宅できない場合の交通費
  • 行方不明者の保護のためにかかった経費
  • 街中で遭遇した病人(けが人)の救護のためにかかった経費
  • その他、制度の目的に合致する場合にかかった諸経費

参照元:警視庁公式サイト内「訓令・通達一覧」

つまり、何らかのトラブルで帰宅できなかったり、病人や事故のけが人を助けるためにお金がかかったりした場合、緊急一時的にお金を借りられるということです。現実的には、「財布を落として(盗まれて)帰宅できない」場合が、主になるでしょう。

緊急性がないにもかかわらず、「街中でお金に困ったら、とりあえず交番に駆け込めばよい」といった具合に、軽く考えるのはやめてください。お巡りさんが迷惑しますし、本人にその気がなくとも場合によっては、犯罪行為に該当する場合もあるからです。

近くの交番や警察署からお金を借りられる?

交番や警察署からお金を借りる流れは、以下の通りです。

交番や警察署からお金を借りる流れ
  • お金が必要な理由を説明する
  • 申請書(借受願書)を提出する
  • お金と返済書を受け取る

それぞれの手順について、詳しく解説します。

公衆接遇弁償費でお金を借りられるところはどこ?

公衆接遇弁償費を利用する場合、交番や警察署でお金を借りるのがメインになるでしょう。それ以外にも以下のような場所で、利用を申請できます。

  • 警ら用無線自動車(いわゆる、巡回中のパトカー)
  • 鉄道警察隊分駐所(駅内の派出所)
  • 運転免許試験場
  • 地域安全センター

現実的には、パトカーで巡回するお巡りさんや駅員さんに相談することとなるでしょう。

交番で警察にお金を借りる理由を話す!

お金を借りる理由を説明し、理由に妥当性があればお金を借りられますが、妥当性の有無は担当者の判断になります。

  • 競馬などのギャンブルで持ち金をすべて失い、電車賃がないので家に帰れない
  • 買い物で財布の中の全財産を使い切り、電車賃がないので家に帰れない
  • 銀行口座にお金はあるが、財布の中には電車賃がない(出金するのはもったいない)

例えば、上記のように、極めて自分本位な理由では当然ながら利用できません。怒られる可能性もあるでしょう。あくまで、財布の紛失や盗難など、緊急性が認められるトラブル発生時に限られます

交番で警察からお金を借りる際は借受願書に必要な情報を記入する

交番で警察からお金を借りる際は「借受願書」に必要な情報を記入しなければなりません。借受願書とは、いわば「金銭を借り受けるための申請書」に相当します。

通常の金銭貸借契約であれば、契約に際して下記のような手続きが必要になります。

  • 身分証の提出
  • 印鑑による捺印

しかし、交番で警察からお金を借りる際は、財布や印鑑が手元にないケースがほとんどなので省略されることが多いようです(捺印は指印により代替)。借受願書の提出によりお金を借りられますが、同時に返済書も渡されます。返済書はお金を返す時に必要になるので、大切に保管しなければなりません。

借受願書はれっきとした、金銭貸借についての公的な契約書になります。法的な効力があるので、嘘を記入すると虚偽記載にあたります。虚偽記載は詐欺罪に該当する可能性があり、詐欺罪が成立すると十年以下の懲役が科せられる可能性もあるのです。記入にあたっては、絶対に嘘をついてはいけません。

交番で警察からお金を借りる際の注意点

交番で警察からお金を借りる際には、いくつか注意すべき点があります。交番でお金を借りることは、国からお金を借りることを意味するので、生活保護の受給と同じように、ルールに違反すると重いペナルティが科せられるのです。お金を借りられるケースはかなり限られますし、限度額も決まっています。軽い気持ちで警察からお金を借りるのはやめましょう。

返済をしなければ逮捕される

借りたお金を返済しなければ、逮捕される可能性があります。詐欺罪が適用されるからです。国からお金を借りるということは、国民が納めた税金からお金を借りることを意味します。公金(税金)の貸し借りにおいては、借りた側に返済義務が生じるのです。

後ほど詳しく紹介しますが、仮に借りられたとしても極めて少額です。もしも借りた場合には、後日できるだけ早急に返済した方が賢明でしょう。

未成年の場合は親に連絡される

未成年でも、警察からお金を借りられます。ただし、未成年は民法の規定により、自分の意志だけで金銭貸借契約を結べません(親権者の同意が必要なため)。さらには、青少年育成保護条例の対象でもあります。つまり、警察は未成年にお金を貸す前に、必ず親に連絡を取るのです

基本的に、子どものピンチにすぐさま駆けつけない親はいないでしょう。日常生活において、未成年がこの制度を利用してお金を借りるのは、かなりのレアケースかもしれません。

  • 一人旅の途中で財布を紛失し、親がすぐに身元を引き取りに来られない
  • 親とまったく連絡が取れない上に、連絡が取れる目途も立たない
  • 事情を知った親から、DVを受ける可能性がある

例えば、このようにかなり特殊なケースでは、警察も事情を考慮してくれるはずです。あくまでケースバイケースではありますが、原則として未成年はお金を借りられないと考えておいた方が無難でしょう。

絶対にお金が借りられるわけではない

絶対にお金を借りられる、というわけではありません。下記のような理由により、貸し付けを拒否される場合もあります。

  • お金を借りる理由が制度の目的にそぐわない
  • 帰宅に困らない程度の現金が手元にある
  • 身内や友人が迎えに来てくれる目途が立つ

「身内や友人が迎えに来てくれる目途が立つ」ということは、「警察から身内や友人に連絡が行く」ということを意味します。多くの人にとってこれは、決して好ましいことではないでしょう。公衆接遇弁償費は公費なので、あらかじめ決められた予算に従って、毎月一定の金額しか警察に付与されません。制度を利用する人が想定よりもはるかに多かった場合、費用そのものが底をつき、お金を借りられない場合もあるようです。

交番でお金を借りる際の限度額は1,000円

交番でお金を借りる際の限度額は1,000円です。「少なすぎる」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、制度が目的とするトラブルの緊急的な解決手段(電車賃など)としては、妥当な金額でしょう。1,000円以上お金を借りることも可能ですが、その場合は監督官に相当する人物の裁可が必要になります。現場担当者の個人的な判断では貸し付けができないのです。現実的には、1,000円以上借りるのは難しいでしょう。

ただし、1,000円以上のお金を、絶対に借りられないわけではありません。下記のようなケースでは、例外的に1,000円以上のお金を借りられる場合もあるようです。

  • 終電がなくなりタクシーでしか帰宅できない
  • 旅先で財布を紛失し、周りに頼れる人が誰もいない
  • 事故の応急措置にそれなりの費用がかかった

公衆接遇弁償費は、警視庁が導入している制度です。警察庁では導入されていません。東京都の警察業務を管轄するのが警視庁、全国の警察業務を管轄するのが警察庁です。つまり、警察からお金を借りられるのは、原則として東京都のみということになります

ただし、東京都以外でも同様の制度が採用されている自治体は、多数存在します。真に緊急性が認められる場合ならば、警視庁・警察庁を問わず担当者個人の裁量により、同等程度のお金を貸してくれるケースはあるかもしれません。

交番で警察からお金を借りるのは最終手段!まずは他の解決策を考えよう

ここまでご覧になって、「警察からお金を借りる」という行為ついて、皆さんはどのように感じたでしょう。恐らく多くの人が、「手間がかかる」「厄介だ」と感じたのではないでしょうか。警察のお世話になることなく他の方法でピンチを解決できれば、それが最善かもしれません。もしもの時に、公衆接遇弁償費を利用せずに済む方法を、3つ紹介しましょう。

家族や友人に迎えに来てもらう

家族や友人に迎えに来てもらえれば、交番で警察からお金を借りずに済みますし、警察からもまずはそのようにできないか促されるはずです。家族や友人に対して気まずい思いをするかもしれませんが、警察にお金を借りるよりは気が楽なのではないでしょうか。

財布を落とす(盗まれる)といった類のピンチは、非常に重大な事態です。きちんと理由を話しひたすら平謝りすれば家族や友人も納得してくれるでしょう。警察にお金を借りる前に頼れる人に頼った方が賢明です

お金が家にある人はタクシーで帰宅する

財布を落として手元にお金がなくても自宅には多少のお金がある人も多いでしょう。そのような時は正直に事情を話せば、家まで乗せてくれるタクシーの運転手さんもいるはずです。タクシーの運転手さんには多少怪しまれるかもしれませんし、「面倒なお客さんを乗せてしまった」と内心思われるかもしれません。しかし、警察にお金を借りるよりは、気が楽でしょう。1,000円程度とはいえ、余計な借金をしなくても済みます。

言うまでもなくこの方法は自宅に帰れば多少のお金がある場合にのみ成立します。自宅に帰ってもお金がないと自覚しながらタクシーに乗ればそれは故意の無賃乗車です。タクシーの運転手さんに警察に突き出される行為なので、絶対にやってはいけません。

なお、故意の無賃乗車は刑法上詐欺罪に相当します。懲役10年以下の刑に問われうる重罪です。くどいようですが「財布が手元になくても家に帰ればお金がある」と確信しているシチュエーションでのみ使える手段なので、くれぐれも注意してください。

スマホがあればお金を借りられる

警察からお金を借りられるのは、財布を落として帰宅できない場合など非常に限定的です。例えば、「生活に困っているので今日生活する分のお金を1,000円借りたい」といったケースには対応してくれません。公衆接遇弁償費は、そのような制度ではないからです。

「生活に困っている」「急な出費に困っている」と言った場合には、消費者金融を利用すると良いかもしれません。スマホひとつで、お金を借りられるので便利です。スマホがあれば、自宅ですべての手続きを完結できるので、わざわざ店舗に出向く必要もありません。

消費者金融の中でも、「アコム」「アイフル」「プロミス」の大手3社は、特におすすめです。これら3社は、審査スピードが速く即日融資も可能なので、急なピンチにも対応可能でしょう。それぞれについて、詳しく解説します。

アコム

アコムは数ある中でも、審査が甘めな消費者金融として評判です。Webからの申し込みシステムも整備されており、スマホ1台で融資に至るまでの、すべての手続きが完了できます。アコムカードローンの基本情報は、以下の通りです。

  • 対象年齢:18歳以上(高校生は不可)
  • 金利(%):3.0~18.0
  • 限度額:1~800万円
  • Web完結の可否:可
  • 審査時間(最短):30分
  • 融資までにかかる時間(最短):即日

アイフル

アイフルは業界最速を誇る審査スピードで知られますが、大手銀行の傘下に入っていないため独自の基準で審査してくれると評判です。「アイフルは他社と比べて審査が甘いのでは?」と、噂されます。アイフルカードローンの基本情報は、以下の通りです。

  • 対象年齢:満20歳以上~69歳まで
  • 金利(%):3.0~18.0
  • 限度額:1~800万円
  • Web完結の可否:可
  • 審査時間(最短):25分
  • 融資までにかかる時間(最短):即日

プロミス

プロミスは、金利の低さでよく知られます。一般的な消費者金融の金利は18.0%ですが、プロミスの金利は17.8%です。わずか0.2%の差とは言え、他社からお金を借りるより返済の負担が減るのは確かでしょう。プロミスカードローンの基本情報は、以下の通りです。

  • 対象年齢:20歳以上69歳以下
  • 金利(%):4.5~17.8
  • 限度額:500万円
  • Web完結の可否:可
  • 審査時間(最短):30分
  • 融資までにかかる時間(最短):即日

中小も含めれば日本全国に消費者金融は数百社存在しますが、審査スピードや利便性(スマホによるWeb完結の充実度など)において、上記3社は一歩抜けている印象を受けます。利用するにあたっては大手ならではの安心感もあるでしょう。

3社とも新規契約時に限り、30日の無利息期間を設けています。無利息期間を上手に活用すれば、返済時の負担を極小にまで抑えられるはずです。今現在お金に困っている方なら、ピンチが本格化する前にこういった消費者金融を利用するのも、1つの手段でしょう。

まとめ

「財布を落として家に帰る電車賃がない!」こういったピンチを乗り切る方法の1つが公衆接遇弁償費の利用です。その旨を交番で警察に話せば、1,000円程度までならお金を貸してくれる可能性があります。

警察からお金を借りられるのは確かですが、借りられるのは相応の理由がある時だけです。それでも、「財布を落として自宅に帰れなくなった時、警察で1,000円程度なら貸してくれる制度がある」と覚えておくと、いざという時に役立つかもしれません。

本格的にお金に困っている場合には消費者金融を利用するとよいでしょう。「アコム」「アイフル」「プロミス」などの会社はスマホ1台で申し込みが完了し、即日融資にも対応してくれるので便利です。

この金融記事を書いた人

厚生貯金ジャーナル 編集部は、金融の国家資格保有者、専門家が集まっています。記事で取り扱う内容は、主にカードローンやキャッシング・クレジットカードなどの情報であり、日本FP協会が発行するファイナンシャル・プランニング技能士や、日本証券業協会が認定する証券外務員一種など国家資格を保有した編集者が執筆、制作を行います。

その上で、ユーザーの利便性や情報の分かりやすさを最優先し、品質に関するガイドラインを満たした有益な情報として公開しています。
この記事を書いた厚生貯金ジャーナル 編集部の詳しいプロフィールはこちら

目次