公務員がお金を借りるための最善策を徹底解説!共済貸付&民間ローンも網羅

公務員がお金を借りる

「急な出費があって困っている」「今すぐお金が欲しい」と考えていらっしゃる方は多いでしょう。公務員という立場上、お金に困っていることを職場の同僚や家族、友人に知られたくないという方も多いはずです。できることなら誰にもバレずにこっそりとお金を借りたいものですよね。

しかし、安定した収入がある公務員だからこそお金を借りる制度や金融機関はたくさんあります。そこでこの記事では、公務員がお金を借りるための最善策を徹底解説していきます。また、高額資金を借りたい方向けの方法や誰にもバレずに内緒でお金を借りる方法、注意点などについても詳しく解説していきます。公務員で借り入れを検討している方にとって重要な情報が満載となっていますので、是非参考にしてください。

この記事は、証券外務員一種、2級ファイナンシャル・プランニング技能士などの国家資格を保有している編集部の複数メンバーにて執筆され、さらに、専門のファイナンシャル・プランニング技能士(日本FP協会)に当記事の監修をしてもらった上で公開しています。

国家資格を保有していることで、オリジナル記事の品質が格段に高くなり、他のサイトでは読むことができない高品質の専門情報を掲載しています。ユーザーが安心&信頼できるよう、記事の品質向上に努めています。

目次

公務員がお金を借りる際のおすすめ借り入れ方法は3種類!最善策はどれ?

公務員がお金を借りる方法は、「共済組合」「銀行ローン」「消費者金融」の3種類が挙げられます。それぞれ担保、保証人、在籍確認、条件などに少し違いがありますので、公務員のおすすめ借り入れ方法を下記の表にまとめてみました。

担保保証人在籍確認借り入れ条件
共済組合必要不要必要0~66歳
共済組合への加入
銀行ローン必要不要必要20~65歳
安定収入
消費者金融不要不要不要も可20~69歳
安定収入

「共済組合」は組合員の救済を目的としている貸付制度なため、共済組合へ加入している方は利用しやすい制度となっています。また、「銀行ローン」は総量規制対象外かつ低金利で高額資金を借りることができます。

しかし、「共済組合」「銀行ローン」でお金を借りる際は担保が必要となるので注意が必要です。さらに、今働いている職場へ在籍確認をされる可能性も高いため、誰にもバレずに内緒でお金を借りたい方は、在籍確認なしの消費者金融カードローンを視野に入れることも重要となります。

持ち家や車などといった大事な品を担保に入れたくない方、在籍確認でお金に困っているということが職場の同僚にバレたくない方は、身分証明書のみでお金を借りられる消費者金融が1番おすすめです!消費者金融のカードローンは担保や保証人が不要な上に、職場への在籍確認なし&郵送物なしでOKなので、会社や家族に内緒でお金を借りることができます。

消費者金融に対して怖いイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、消費者金融は貸金業法をきちんと遵守しているため、必要以上の取り立てや高すぎる利息を払わされることもなく、安心してお金を借りることができます!

公務員は共済組合の貸付制度を活用すれば低金利でお金を借りられる

公務員でしたら共済組合の貸付制度の利用が可能で、消費者金融や銀行と比べて低金利でお金を借りることができます。そもそも共済組合とは、公務員や私立学校の教員のみを対象とした公的社会保障を取り扱う組合です。組合員はもちろんのこと、その家族の生活安定と福祉を目的として設立されました。

今現在、公務員として仕事をしているのでしたら共済組合の存在はご存知かもしれませんが、様々な貸付制度を取り扱っていることやお金を借りる際の条件などを詳しく知らない方も多いかと思います。ここからは、共済組合の貸付制度について詳しくご紹介しています。

共済組合の貸付制度における種類

共済組合の貸付制度には8種類があり、趣味やレジャーなど自由に使えるお金の貸付は行っていません。正当な利用目的があって初めてお金を借りられるのが共済組合の貸付制度です。

普通貸付生活必需品(車、家電など)の費用
住宅貸付住宅や増改築、リフォームの費用
教育貸付子供の入学や進学、修学の費用
災害貸付災害による損害を受けた場合の費用
結婚貸付本人、身内の結婚費用
出産貸付本人、身内の出産費用
葬祭貸付本人、身内の葬祭費用
医療貸付本人、被扶養者の医療費用

注意したいのは、共済組合の貸付制度は全て一時的に必要となった際の費用の貸付であり、長期的に必要な費用としての利用はできません。例えば普通貸付で車を購入した場合、自動車ローンの返済費用には使えませんし、住宅貸付も同様に、住宅ローンの返済での使用は認められていません。

公務員が共済組合でお金を借りる際の条件

公務員が共済組合でお金を借りる際の条件は、「組合員の資格を要する」ことです。つまり、同じ公務員でも組合に入っていなければお金を借りることはできません。逆に考えれば、組合員でしたら貸付制度の利用が可能で、銀行や消費者金融のように面倒な審査は行われません。もちろん、信用情報の確認もしないため、過去に金融事故を起こしていてもお金を借りられます。

ただし、住宅貸付など、高額な費用を借りる場合には、組合員の資格を要してから最低1年以上経過していなければいけません。公務員になったばかりの新卒者や中途採用で加入したばかり人は、少額の貸付のみとなりますのでご注意ください。

公務員は共済組合でいくらまでお金を借りられる?

公務員の共済組合貸付制度には借り入れ限度額が決められており、そのほとんどが100~200万円程度ですが、住宅貸付と災害貸付の場合は1,000万円以上も可能です。

また貸付ですので金利は発生しますが、年1.26%と非常に低金利で、災害貸付は年0.93%、そして出産貸付に限っては無利息でお金を借りられます。

借り入れ限度額金利
普通貸付200万円年1.26%
住宅貸付1,800万円年1.26%
教育貸付200万円年1.26%
災害貸付1,150万円年0.93%
結婚貸付200万円年1.26%
出産貸付出産費相当額年1.26%
葬祭貸付200万円年1.26%
医療貸付100万円無利息

ただし、月収の6倍が限度となるため、例えば月収20万円で普通貸付へ申し込みをしても、最大120万円までです。また住宅貸付と災害貸付については、月収に組合員の資格を要してからの月数を掛けた額が最大となります。6倍までと制限のある貸付よりも最大貸付額は優遇されます。

公務員が高額のお金を借りたい場合は銀行ローンがおすすめ!

共済組合の貸付制度では貸付条件をクリアしてお金を借りられても、必要最低限の金額のみしか借り入れできません。もし公務員が使用用途自由の高額な借り入れをしたい場合には、銀行ローンが断然おすすめです。銀行ローンでしたら消費者金融よりも低金利でお金を借りられますし、社会的信用の高い公務員ですので、審査も特に問題なく通過できるはずです。

そこでここでは、公務員におすすめの銀行ローンの商品と借り入れ限度額、審査条件などについてそれぞれ詳しく解説していきます。

銀行ローンの商品と借り入れ限度額

銀行ローンの商品も様々あり、それぞれ借り入れ限度額に大きな違いがありますし、加算される金利も異なります。例えば「自動車ローン(マイカーローン)」「住宅ローン」「教育ローン」などの使用目的が限られている銀行ローンのほか、「カードローン」や「フリーローン」といった自由に使える「お金」を借りられる商品もあります。

それぞれ借り入れ限度額は各銀行によって異なりますが、自動車ローンや教育ローンは300万円、カードローンで800万円、住宅ローンやフリーローンで1億円ほどです。また目的ローンは1~5%ほどと低金利で借りられますが、カードローンのみ14.0~15.0%程度と金利が高くなりますのでご注意ください。

最も便利なのがカードローンで、利用限度額の範囲内でしたら何度でも借り入れと返済を繰り返し利用できます。申し込みから借り入れまで最短翌日とスピーディーですし、インターネットからでも申し込みできるメリットがあります。

公務員が銀行ローンで借り入れする際の審査条件

公務員が銀行ローンで借り入れするためには必ず審査が行われ、年収や勤続年数、現在と過去の借り入れ状況などで審査の合否が決定します。年収や勤続年数は多ければ多いほど審査に有利となりますが、今現在すでに他社から借り入れがあると、審査落ちする可能性があります。また過去に起こした金融事故も大きなマイナス材料になります。

「過去の金融事故なんてわからないのでは?」と考えるのは大きな間違いで、銀行ローンの審査では信用情報を入念にチェックします。もし信用情報に「異動」と書かれた項目があればブラックと認定され、たとえ少額の銀行ローンでも審査通過は困難となります。

また、本当に公務員として仕事をしているのかを確認するため、勤務先への在籍確認電話も行われます。在籍確認は全ての銀行ローンで行っている審査であり、収入証明書などを提出しても在籍確認なしにすることはできません。

公務員でバレずにお金を借りたい方は消費者金融がおすすめ!

お金を借りること自体は決して悪いことではありませんが、公務員という立場上、あまり周囲の人にバレたくないと考えている方も多いかと思います。共済組合の貸付制度はどうしても同業者にバレてしまいますし、銀行ローンも必ず在籍確認が行われるため、同じ職場の人にバレる可能性があります。

家族や友人、同僚など、公務員が誰にもバレずにお金を借りたい場合には、大手消費者金融がおすすめです。ここでは大手消費者金融をおすすめする理由やお金を借りる際の条件について解説します。

消費者金融は即日融資可能&30日間利息0円サービスもある

消費者金融でしたら申し込みをしたその日のうちに融資を受けられるだけでなく、30日間利息0円サービスもあるため、便利かつお得にお金を借りることができます。土日祝関係なしに即日融資が可能で、ローンカードが郵送で届く前に、いつも使っている銀行口座へ振り込みしてもらうこともできます。

さらに、無利息期間中は一切の利息が加算されませんので、期間終了までに完済してしまえば、利息による負担は0です。消費者金融は利息で利益を上げているのにも関わらず、無利息期間があるのは、利用者にとっては嬉しいサービスといえるでしょう。

注意したいのは、契約した翌日から30日間、または初めての借り入れから30日間と2種類あることです。どちらも無利息に変わりはありませんが、すぐに借りる予定がない場合には、後者のシステムを採用する消費者金融へ申し込みしましょう。

消費者金融でお金を借りる際の条件

消費者金融でお金を借りる際の条件は、「安定収入」「金融事故の記録なし」「総量規制内」などが挙げられます。公務員でしたら安定収入の条件はクリアしていますが、新卒や中途採用で公務員になったばかりですと少々不安が残ります。あくまでも目安ですが、最低でも1~2ヶ月ほど公務員として働いてから消費者金融への申し込みをおすすめします

ちなみに安定収入とはアルバイトやパートなどの非正規雇用の方も対象です。とにかく自分自身で働いて定期的な収入を得ていることが最低条件です。

次に金融事故の記録ですが、過去に返済の延滞や踏み倒しなどの事故を起こしていると、その事実がデータベースに記録され、消費者金融からお金を借りることができなくなります。過去にそのような事実がある場合には、まずは信用情報をキレイにしてから申し込みをしましょう。

そして消費者金融は総量規制の対象となるため、年収額の1/3までしか借りられません。これは全ての借り入れの合計額であり、すでに総量規制ギリギリの状態では、新たに消費者金融でお金を借りることができなくなります。

公務員がお金を借りる際の注意点

公務員がお金を借りる際には、信用情報や現在の就業状況、他社借り入れ状況などに注意する必要があります。どんなに収入が安定していて社会的な信用のある公務員でも、審査落ちする可能性は十分に考えられますし、共済組合の貸付対象外でお金を借りられない場合もあります。そこでここでは、公務員がお金を借りる際の注意点について3つまとめてみましたので、参考にしてみてください。

公務員でも信用情報に傷があると審査落ちしてしまう

世間的に信用があり、世の中の景気に左右されない公務員であっても、信用情報に傷がついていれば、残念ながら審査落ちする可能性が高くなります。

信用情報は、CICやJICC、KSCなどいくつかの個人信用情報機関のデータベースに記録されており、消費者金融や銀行の借り入れ審査時には必ず目を通します。現在何社からいくらの借り入れがあるのか、これまでに返済遅延を起こしたことはあるのか、延滞を放置していないか、など、信用情報に関する全ての記録が残っています。

一度信用情報に傷がつくと5~10年ほどはその記録が消えないため、たとえ公務員でも新しくカードローンを作ったり、ローンを組むことができなくなります。

直近で公務員を退職している場合は共済組合の貸付対象者外

当然のことですが、公務員を退職した瞬間に公務員ではなくなるため、借り入れ時の申し込み書に「公務員」と書くことはできません。そして直近で公務員を退職している場合、すでに共済組合の加入者でもなくなることから、残念ながら共済組合の貸付制度の対象外となります。

様々な制限や規定のある貸付制度でお金を借りることはできませんが、退職後、すぐに別の職業に就いていれば、1~2ヶ月後にはまた消費者金融からお金を借りられます

ただし、すぐに働く予定がなかったり、次の勤め先が見つからなかったりする場合には、国の制度である求職者支援貸金融資に申請することも1つの手段です。働く意思があれば一時的に融資を受けることができますし、融資を受けたからといってその後の借り入れやローンに影響を及ぼすこともありませんのでご安心ください。

多額の他社借り入れがある場合は審査落ちしてしまう可能性もある

もし他社で多額の借り入れがある場合には、たとえ安定収入のある公務員であっても、審査落ちしてしまう可能性もあります。消費者金融の場合は総量規制が適用されるため、年収額の1/3までしか借り入れができません。

例えば、年収600万円の公務員が借りられるのは200万円までですが、すでにA社で50万円、B社で50万円、C社で80万円借りている場合、新規で借り入れできるのは20万円までとなります。ただ他社で3社以上借りていると、たとえ総量規制の範囲内であっても、多重債務が認められ、新たな借り入れができなくなることもありますのでご注意ください。

銀行は総量規制の対象外ですが、多額の他社借り入れがある場合は、融資を断られてしまう恐れがあるので注意しましょう。

公務員の借金に関するQ&A

最後に公務員の借金に関するよくある質問と回答をまとめてみました。公務員でお金に困っている方の参考になれば幸いです。

公務員はローンをいくらまで組めますか?

公務員だからといくらまで借りられるという制限はありませんが、消費者金融でしたら年収額の1/3まで、銀行は審査次第となります。しかし、それはお金の借り入れに限ったことで、自動車ローンや住宅ローンなど、目的ローンに関しては総量規制の対象外となり、信用情報に傷がついていなければ高いローンでも組むことは可能です。

公務員はローンを組む際に優遇されますか?

公務員は景気に左右されることなく、常に一定額の給料がもらえ、さらに年2回のボーナスも確実に支給されます。このような「超」安定収入の公務員ですので、金融機関によっては公務員が組むローンの金利が優遇される場合があります。かつては公務員専用のローンを取り扱う金融機関が多くありましたが、現在では通常のローンで金利優遇が一般的です。

注意したいのは、あくまでも金利の優遇のみであり、公務員に対して甘い審査を行っているわけではありません。職種や業種問わずに念入りな審査を行い、少しでも基準を満たしていなければ、公務員であろうと審査落ちの可能性はあります。

また公務員が審査落ちする理由として、信用情報に傷がついている、自動車ローンや家電ローンなどで借り入れが多い、返済負担率が大きい、そして健康状態もその1つです。ボーナスや退職金が約束されているからと言って、公務員が審査で優遇されることはありませんのでご注意ください。

公務員がローンに通らない場合はどうしたらいいですか?

もし公務員でローンの審査に通らない場合、まずはその原因を探りましょう。個人情報に傷はついていませんか?多額の借り入れはしていませんか?原因がわかれば、まずは改善するところから始めましょう。

それでもどうしてもローンの審査に通らないのでしたら、審査なしでお金を借りれる方法があります。例えばクレジットカードのキャッシング機能でお金を借りる、不動産担保ローンの利用、生命保険の契約者貸付などです。

キャッシング機能はクレジットカード申し込み時に審査が完了しているため、お近くの提携ATMを使って今すぐにお金を借りることができます。不動産を持っていれば不動産担保ローンも審査はありませんが、返済に行き詰まった時には不動産を差し押さえられてしまいますのでご注意ください。

公務員で借金まみれの場合はどうしたらいいですか?

借金まみれで公務員の収入では到底返済できないような状況でしたら、債務整理の手続きをおすすめします。任意整理や個人再生、自己破産など様々な債務整理がありますが、借金の利息をなくしたり、全ての借金を免除することもできます。

しかし、債務整理をすると個人信用情報機関にその事実が記録され、自己破産で最長10年間、新しく借り入れをしたり、ローンを組めなくなります。将来的に不便を強いられることとなりますが、公務員の給料で借金を返済できないようであれば債務整理も視野に入れるべきです。

または家族や友人、同僚などに相談しお金を借りて、全ての借金を返済するという方法もあります。嘘偽りなく正直に話をすれば、貸してくれる可能性はあります。ただし、たとえ個人間であっても、必ず借用書を作成し、金利も加算してください。これは後の返済トラブルを防止するだけでなく、贈与税の対象にならないためにも必要です。

公務員借金ありでも借り入れできますか?

借金があっても、総量規制の範囲内でしたら消費者金融から借り入れできます。複数の金融機関や業者から借金があると厳しいかもしれませんが、公務員として安定収入があれば、問題なく借り入れ可能です。

銀行は総量規制対象外ですので、借金額に関係なく借り入れできますが、消費者金融よりも多少審査が厳しいため、借り入れできない可能性があります。まずは低金利で借り入れ可能な銀行のカードローンへ申し込みし、万が一審査落ちした場合には、時間を空けて、消費者金融へ申し込みしてみてください。

公務員が借金返済に困ったらどうしたらいいですか?

消費者金融や銀行のカードローンは使用用途自由の借り入れですが、原則として借金返済に充てることはできません。公務員は副業も禁止されているため、副業で稼いで借金返済をすることもできません。残った道は、債務整理をするか、もしくは周囲の人にお金を借りることです。

債務整理は最終手段としてとっておき、まずは個人間で借金ができるかどうか相談してみてください。もちろん目的は正直に「借金返済ができなくて低金利で長期的にお金を貸して欲しい」と伝えましょう。借金をしている事実が知られることで信頼を失ってしまう可能性は確かにありますが、借金返済ができなく、人生を棒に振ってしまうよりは良い選択肢です。

誰からもお金を借りることができない場合には、思い切って債務整理を決断した方が良いかもしれません。

公務員は借金しやすいって本当ですか?

公務員は世の中で最も安定収入を得られる仕事のため、消費者金融や銀行のカードローンでしたら、特に問題なくお金を借りられます。借金した場合には必ず返済が求められますが、公務員は毎月の給料のほか、ボーナスや退職金が約束されているため、普通のサラリーマンや事業主と比べて返済遅延や延滞のリスクが少なく、債権者としては優良顧客と認識されます。

ただし、公務員になったばかりや信用情報に傷がついていると、いくら公務員だからといって借金は難しくなります。

公務員ローンの金利はいくらですか?

一部の金融機関で取り扱う公務員ローンは、一般の人が利用するローンよりも金利が優遇されています。具体的な金利は各金融機関によって異なりますが、概ね0.2~0.5%ほど下がった優遇金利が適用されるため、多額のお金を長期的に借りた場合、完済時には数百万円単位の開きが生じます。

金利が下がるということは毎月の返済額も下がるため、一般の人よりも負担が軽減されます。これは公務員という安定収入を約束された職業だからこその優遇なのです。

公務員におすすめのカードローンはありますか?

公務員がカードローンを使ってお金を借りたい場合、おすすめはアコム・アイフル・プロミスです。3社とも大手消費者金融として長年貸金業を運営しており、信頼性と安全性は抜群です。また即日融資にも対応しており、申し込みをしたその日にお金を借りられるのもおすすめする理由です。30日間の無利息期間も適用されるため、計画的に借り入れすることで金利の負担がかかりません。

ちょっとしたスキマ時間や昼休憩時に申し込みを済ませておき、あとは勤務後に自動契約機へ足を運ぶことで、その日にローンカードを受け取れます。暦通りに仕事をし、平日の昼間に時間の取れない公務員だからこそ、曜日に関係なく夜21時まで審査が可能なこれら3社の大手消費者金融は大変おすすめです。

総量規制に引っかからず、過去に金融事故を起こしていない公務員であれば、審査落ちの心配もいりません。むしろ消費者金融にとっては優良顧客ですので、積極的に貸し付けしてくれるはずです。まずはインターネットから申し込みを済ませ、在籍確認電話を避けたいのでしたら、その旨を伝えてみてください。収入証明書や公務員証の提示で、在籍確認なしでお金を借りれます。

公務員がお金を借りるための最善策を徹底解説!まとめ

今回は、公務員がお金を借りるならどうしたら良いのか?借金の方法や各種ローンなどについて詳しく解説させていただきました。まずは公務員のみが利用できる共済組合の貸付制度への申し込みがおすすめですが、共済組合には貸付条件がありますし、お金の使用用途も限られてきます。

もし公務員が自由に使えるまとまったお金を借りたいのでしたら、消費者金融のカードローンが断然おすすめです。公務員として安定収入があれば今すぐお金を借りられますし、インターネットでしたらいつでもどこでも気軽に申し込みできます。

この金融記事を書いた人

厚生貯金ジャーナル 編集部は、金融の国家資格保有者、専門家が集まっています。記事で取り扱う内容は、主にカードローンやキャッシング・クレジットカードなどの情報であり、日本FP協会が発行するファイナンシャル・プランニング技能士や、日本証券業協会が認定する証券外務員一種など国家資格を保有した編集者が執筆、制作を行います。

その上で、ユーザーの利便性や情報の分かりやすさを最優先し、品質に関するガイドラインを満たした有益な情報として公開しています。
この記事を書いた厚生貯金ジャーナル 編集部の詳しいプロフィールはこちら

目次